フラワーエッセンスで癇癪を改善できる?子どもに落ち着きを取り戻そう!

こんにちは、ゆいこです。

今回は、フラワーエッセンスで子どもの癇癪を改善できるのかどうかについてお伝えします^^

はちくん
お隣のはちさん、子どもが癇癪を起こして困るっていっていたなぁ… 癇癪って、具体的にどんな状態なのか、おはなちゃん知ってる?
おはなちゃん
はちさん、大変そうね! それでは、癇癪について見てみましょう☆
スポンサーリンク

癇癪って何?

癇癪(かんしゃく)とは、声を荒げて泣いたり、激しく奇声を発したりする状態のことです。

感情で言うと、怒りや不安に分類されるものではないでしょうか。

このような感情は、大人でも子どもでも起こる自然な現象ですね。

この感情のコントロールができないときに、癇癪として表われます。

大人でも!?感情のコントロールが難しい人もいるかもしれません^^;

そうはいっても、大人よりも言葉にすることができなくて困ってしまって、感情の爆発として癇癪が起こるのが子どもなのかなと思います。

今回は子どもに焦点を当てて、お伝えします。

子どもでも大人でも、誰でも安心して使えるフラワーエッセンス^^

子どもに限らず、当てはまるかも…と思われた方は、お試しください!

癇癪を起こした子どもには、床にひっくり返って泣きわめく、物を投げたり叩いたりする、周りの人を殴ったり蹴ったりする、というような状態がよく見られます。

このようなことをお友達にしてしまっては、親としては頭を抱えてしまいますね(>_<)

それまでは問題なく穏やかに過ごしていた子どもが突発的に癇癪を起こすこともあります。

子どもの癇癪は怒っていたり泣き叫んでいたりと、ただ感情を爆発させているわけではありません。

子どもにとっての「何かしらの不都合を取り除こうとしている」、「困っているというサインを発している」ときに癇癪は起こります。

具体例を挙げると、おもちゃを取り上げられたことが嫌で、それを言葉で伝えられず、取り戻すために泣きわめいている(不都合を取り除きたい)。

何かをきっかけに癇癪を起こし、自分でも止められなくて泣き叫んだり、暴力行為に及んだりと感情をどのように抑えればよいのか分からない(困っているというサインを発している)。

この2つのことを念頭において、子どもと接すると、なんでずっと泣いてるの!?そんなに怒らなくても…と、親のほうもイライラせずに済むかもしれません。

なぜ癇癪を起こしてしまうのか?

癇癪を起こす原因には、その子どもの気質も関係ありますが、その子どもの背景にも目を向けなければ分かりません。

なぜ、癇癪を起こすのか、見てみましょう。

生理的な反応としての癇癪

赤ちゃんの間は、眠たいときやお腹がすいたとき、オムツを替えてほしいときなどの生理的な不快を取り除いてほしいときに、泣いて表現しますね。

赤ちゃんが泣くと、親はお世話をして生理的な不快を解消してあげます。

この関わりによって、赤ちゃんはコミュニケーションを学んでいます。

赤ちゃんにとっての怒りを表したり不快の表現として泣いたりする癇癪は、生きていくために大切な現象といえますね。

 コミュニケーションのための癇癪

1歳以降自我が出てくると、親がさせたいことと自分がしたいことの違いから、拒否反応を示すことがあります。

その際に、どうしてもしたくないことを拒絶する方法として、癇癪を起こします。

赤ちゃんのころは、親と一体化しているように感じていたのが、1歳を過ぎるころには、親と自分は別の人間であると気づき始めます。

言葉を話し始めるころには、イヤイヤ期といわれる時期を迎え、癇癪だけでなく「いや!」と言葉でも表現できるようになります。

このように周囲の人とコミュニケーションができるようになってくると、言葉で助けを求めることができるようになります。

でも、まだ言葉が話せない乳幼児期の子どもの場合は、泣き叫んだり暴れたりするなどの行動によってしか、自分の気持ちを伝える手段がありません。

はちくん
言葉で伝えられないときに、癇癪起こすことで表現しているんだね!
おはなちゃん
そのようね! でも、それも度が過ぎると親も子ども本人も辛いわね… 今回は、癇癪を改善するのに役立ちそうなフラワーエッセンスを紹介するわね☆
スポンサーリンク

癇癪を改善しよう!

子どもが不快な状態から抜け出せるように、手助けできるエッセンスを紹介します^^

癇癪を起こしてしまうマイナス感情を癒して、親子ともに落ち着きを取り戻しましょう!

癇癪を起こしてしまう、その感情を癒そう!

○何かやろうとしてできないとき、我慢できずに癇癪を起こす

→ビーチ
小さなことに過敏に反応することなく、大らかな気持ちで過ごせる

○ヒステリー衝動に似たような癇癪を起こし、抑えられない

→チェリープラム
乱れた心を鎮め、心を平静に保てる

○自分本位のやり方を押し通そうとする性格で、何か欲しくなると、手に入れるために癇癪を起こす

→チコリー
自分本位で独占欲が強い心を和らげ、穏やかに過ごせる

○不満足な状況に対して短気を起こす、興奮しやすくうるさい

→インパチェンス
興奮した気分を鎮め、落ち着きを取り戻す

○自分に厳しく、何かやろうとしてできない自分にいら立ち癇癪を起こす

→ロックウォーター
独断的な自己規制から抜け出し、リラックスした気持ちで過ごせる

○支配したがる性格、「こうしたい、ああしたい」と自己主張し、自分の好きなようにできないと癇癪を起こす

→バイン
性格上の否定的な面を和らげ、肯定的な面を全面に出す

はちくん
さっそく、はちさんに教えてあげるね! おはなちゃん、ありがとう☆
おはなちゃん
親子で癒されて、楽になれるといいわね☆
スポンサーリンク