褒める子育てにはデメリットがある?良い褒め方と悪い褒め方の具体例も

こんにちは、ゆいこです。

今回は、褒める子育てについてお伝えします。

「褒めて育てる」とはよく聞きますが、実はもう古い!?

私自身、子育てには結構褒めることが大事だと思っていました。

まさか、デメリットが存在するなんて・・・

どんなデメリットが存在するのか、また、よい褒め方と悪い褒め方の具体例も交えて解説します!

スポンサーリンク

 褒める子育てにはデメリットがある?

子どもに本当の力がつかない?

「褒めて育てる」ってよく聞きませんか?

私自身、小学校に勤めていたとき、校長からは「子どもを褒めろ」と何度も何度も言われていました。

だから、「褒めて育てる」はいいことだとインプットされてしまっていました!

褒めると子どもは喜びますし、やる気も出ます。

実際、子どもたちに何かを指示したときに、早く取り掛かれた子やよくできている子を褒めると、周りのまだできていない子などに効果がありました。

え!?先生があんなに褒めている、私(僕)もやろう!!といった感じで^^;

いつもではありませんが、それを子育てに取り入れているところがありました。

子どもが喜ぶ、親も嬉しい。

これって、WIN×WINではないか・・・(*^_^*)

でも、待ってください!

調べてみると、出てくる出てくる、デメリットの数々・・・(*_*;

上記の例で言うと、褒めることで嬉しかったりやる気が出たり、では褒められなかったら?

このやり方だと、褒められないならしない、できないになってしまうのです!!(゜□゜;)ノノ

そんなことになってしまってはダメですよね^^;

また、親のさせたいように子どもを操っているとも言えます。

褒められて嬉しいのは一瞬です。

親は子どもが自分の思うように動いて嬉しい。

これって良い子育てだと思いますか・・・?

そもそも本当に力がついているとは言えないですよね( ̄- ̄)

デメリットの数々

○打たれ弱い子になる

○褒められないとできない

○”褒められるため”に行動する

○自分の考えで行動できない

○相手を見下していることになる

褒められることに慣れていると、褒められないとできないし、しない、ということが起きてきます。

褒められることが当たり前だと、叱られることに慣れていなくて、注意されただけでへこたれる・・・なんてことも(*_*;

褒められるために行動して、それが目的になってしまっていると、自分で考えて行動することが難しくなってしまいます。

「すごいね!」とか「偉い!」とかよく子どもに言いませんか?

これって、実は子どものことを見下している言い方ですね、追求すると。

上記の2つの言葉も含め、やりがちな悪い褒め方を次の項で紹介しますよ!

褒める子育てのやりがちな悪い褒め方

能力や才能を褒める

「100点おめでとう!あなたは算数が得意だから、いつかは満点取れるって思ってたよ。次も頑張ってね!」

一緒に満点取れたことを喜んでいますね、そこは共感しているという点で言えば大丈夫^^

算数が得意であること、だから満点が取れたこと。

これだと、能力を褒めていることになってしまいます。

いかに努力をせずに結果を出すかという行動に出てしまうことも・・・

結果だけを褒める

「100点おめでとう!これからも勉強頑張ってね。次のテストも期待してるよ!」

これも、共感はしていますが、その後につつく言葉が問題。

その結果だけを褒めて、さらには次も期待しているという声かけ。

これでは、100点をとれない私(僕)は、期待されない存在という捉え方もできる。

そうすると、目先の結果だけを気にしてしまい、努力を怠ったりモチベーションを下げたりすることにつながります。

えー!?じゃあ、どうすればいいんだよ!(ーー;)ってなりますよね^^;

私はなりました(笑)

次の項では、よい褒め方を、具体例を交えてご紹介します^^

スポンサーリンク

褒める子育ての良い褒め方

努力したことを褒めましょう!

結果でもなく、能力や才能でもなく、「努力」を褒めるのです。

「100点おめでとう!たくさん勉強した甲斐があったね。次も頑張って、期待してるよ!」

という具合に。

子どもに対しての言葉ですから、抽象的な、「すごい!」「偉い!」ではなく、具体的に伝えるとより効果的です。

「すごい、もう終わったの?頭がいいのね~」ではなく、

「たくさん問題があったのに、全部頑張ったんだね。」

「難しい問題もあったのに、頑張って終わらせたんだね。」など。

速いことや頭が良いことを褒めるのではなく、取り組み方や頑張りを褒めます。

子どもの頃から、努力を褒めてもらえれば、自分自身を認めてもらえていることにつながり、結果、自己肯定感も高まります。

ただ、能力や才能、結果だけを褒めていては、その子ども自身の自己肯定感は育たないと言えます。

この方法であれば、テストの例で言えば、たとえ点数がよくなくても、子どもを認めてあげることができます。

例えば、「この前の宿題ではこの問題できなかったのに、このテストでは解けてるね!」

「この前よりも丸が増えたね!」など。

年齢に応じて言葉を変えてくださいね^^

過去のその子自信と比べてどれだけ成長しているかを伝えることで、親に見てもらえているという安心感にもつながりますよ!

間違っても、きょうだいやお友達と比較してできた、できないなどの言葉は言わないようにしましょう!

子育てに関連する記事を他にも紹介しておきますね^^

子供の好き嫌いは食べさせないままでも大丈夫?原因や対処法も紹介

2019年5月9日
スポンサーリンク