ゲンキの時間【紫外線】日焼け止めの量や塗り方の落とし穴?美肌レシピも

こんにちは、ゆいこです。

これからの季節に気になる紫外線。

実は、夏よりも春が紫外線が強いってご存知ですか?

夏からでは遅い!

今回は、そんな紫外線対策について。

5月26日(日)のゲンキの時間のテーマは「紫外線」。

紫外線は、しみやシミ、皮膚がんの原因にも・・・(>_<)

日焼け止めの塗り方や量は?

落とし穴って何!?

美肌になれるレシピもご紹介します^^

スポンサーリンク

【紫外線】日焼け止めの量や塗り方など老け肌への落とし穴

日焼け止めの塗り方によって、美白と老け肌の境界線が・・・

シミ・しわを招き、かつ効果半減の塗り方があるんです!

日焼け止めを塗る量

もっとも、陥りがちな「老け肌」への落とし穴です(>_<)

日焼け止めは、一度、薄く塗るだけでは十分な効果が発揮されません!!

塗って気持ちの良い量の一度塗りは、圧倒的に少ないのです

一度塗って、ベタベタ感がなくなりなじんだらもう一度塗り重ねる。

同じ量をもう一度。

塗る量のベースとなるのが500円玉大

サラサラとして乳液タイプは、500円玉大2枚分。

これが一度塗りの量です!

結構多いですよね・・・

これを重ね塗りします。

とろみがある乳液タイプなら、500円玉大1枚分を2回に分けて重ね塗りします。

これは、どちらも顔だけに塗る量ですよ!

腕や足など、露出する箇所にはたっぷり重ね塗りをする必要があります。

忘れがちなのが、首からデコルテ、うなじ、耳、生え際です。

正しい量を顔からデコルテにかけて2~3時間おきに塗っていたら、1ヶ月で30mlほどの日焼け止めはなくなりますよ。

日焼け止めが、なかなかなくならない。

昨年のものが残っているという時点で、アウトです!!

塗る量が足りていませんよー(>_<)

顔への強い刺激

これも「老け肌」を招く原因になってしまいますよ!

日焼け止めを塗るときに、ごしごしと塗りこんでいませんか?

ごしごしこすって塗りこむのはNGです!

顔には、顔表面を骨に繋ぎ止めている組織があります。

その部分に強い刺激を与えると、たるみの原因に

道具を使うことや強すぎる顔筋マッサージは、美容に携わる皮膚科医・形成外科医は誰もしないそう^^;

塗り直しをしない

日焼け止めは、2~3時間おきに塗り直す必要があります。

日焼け止めの機能を保つためには、この2~3時間毎に塗りなおすことが大切です。

汗を拭く、顔を触る、ほお杖をつく、長電話などなど・・・

顔を触る、物理的な刺激原因で、日焼け止めが落ちていってしまいます。

また、紫外線に当たることで、日焼け止めの効果が薄れていきます。

汗をかいていないから大丈夫、ではありませんよ!

光に当たっている限り、機能は落ち続けていきます。

ですから、塗り直しは必須です。

正しい量を塗っていても、2~3時間に一度は塗り直しを!!

化粧が落とせない・・・

そんな方には、パウダータイプのものがオススメ^^

メイクの上からでもできるパウダータイプのものがありますから、そちらで対応を!

例えば、このような商品。

こちらは、ノンケミカルですから、成分が気になる・・・という方にはいいかも^^

室内での油断

紫外線A波は肌の奥深くまで侵入します。

侵入して肌の組織を壊し、シミやしわ、たるみの原因に(>_<)

こ、怖すぎる・・・

そのA波は、窓ガラス越しに80%も入ってきます。

室内にいるから、外出しないからといって塗らなくても言い訳ではありません。

塗っているのといないのとでは、1~2年すると差が出てきます。

サングラスのレンズの色が濃すぎる

サングラスをかけること自体は、OK!

でも、レンズの色が濃すぎると瞳孔が開いてしまいます。

目の瞳孔は、光のは入り口。

開いたり閉じたりすることで、目に入る光の量を調節しています。

濃い色のレンズだと、瞳孔が開くことから、隙間から入ってきた紫外線が目にはいりやすくなります。

すると、目の中のレンズの役割をしている水晶体にダメージを与えてしまうことに・・・

このことが原因で、視力低下を招く白内障のリスクが高まります!

UVカット加工が施された色の薄いレンズのものがオススメ!

さらに、隙間から紫外線が入りにくいものがベストですよ^^

【紫外線】美肌に逆効果の食べ物

良かれと思って食べているものの中に、美白に逆効果になるのが・・・

それは、オレンジ!

ビタミンCの宝庫ではないの!?

実は、柑橘系の果物には、ソラレンという高毒性物質が含まれています。

摂取して日に当たると、肌が紫外線の影響を受けやすくなってしまうんです!

摂取後12時間程度はその効果が持続すると考えられます。

柑橘系だけでなく、パセリやセロリにもソラレンは含まれていますよ。

これらの食材は、肌のためには夕方から夜にかけて食べることがオススメ。

では、お肌に良い食べ物は・・・?

紫外線などの酸化ストレスから肌を守る、抗酸化作用の高い成分を含むものを食べましょう!

抗酸化作用の高い成分とは・・・?

ビタミンAやビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールです!

それらを含むものには、旬の野菜や緑黄色野菜などが挙げられます。

ほうれん草やにんじん、パプリカ、ブロッコリー、かぼちゃ、トマト、りんご、ぶどう、いちごなど。

これらのものを食べて、紫外線から肌を守りましょう!

さらにオススメは、水溶性食物繊維。

海藻類やごぼうに多く含まれます。

腸内環境が整うと、皮膚の水分量が増加し、キメの整った肌に!!

これらの食材を朝食にしっかり摂取することで、紫外線から肌を守ることができます^^

スポンサーリンク

【紫外線】美肌レシピ

納豆トマトトースト

○材料

食パン(6枚切り) 1枚

納豆 1パック

ミニトマト 2個

ケチャップ 大さじ1

ピザ用チーズ 20g

○作り方

①ケチャップを塗ったパン食パンに、納豆と4等分に切ったミニトマトをのせる。

②ピザ用チーズをのせて焼く。

トマトには、ビタミンA・ビタミンC・リコピンが、納豆には水溶性食物繊維が多く含まれています。

サーモンアボガドトースト

○材料

食パン(6枚切り) 1枚

アボガド 1/4個

味噌 小さじ1

はちみつ 小さじ1/2

ブラックペッパー 適量

鮭水煮缶 小1/2缶(45g)

○作り方

①つぶしたアボガドに、味噌・はちみつ・ブラックペッパーを加え混ぜる。

②鮭水煮缶を加え、粗くほぐしながら混ぜ、焼いたトーストにのせる。

サーモンにはアスタキサンチン、アボガドには、ビタミンE・水溶性食物繊維が多く含まれています。

 

紫外線対策いかがだったでしょうか??

間違ってた~(>_<)という方も多かったのでは・・・?

少し手間だなぁと思っても、将来のことを考えるとしないわけにはいきませんね!!(>_<)

トースト、忙しい朝でも簡単に作れそう^^

子どもと一緒に番組を見てましたが、トマト嫌いなのに、美味しそう~なんて言っておりました。

アボガドの方は子どもにとっては、見た目が緑で嫌だったようですが。

鮭って、組み合わせとしてすごく合う!と個人的には思います^^

大人向けトーストでしょうかね。

ぜひ、日焼け止めの塗り方やトーストなど、これからの紫外線対策にお役立てくださいヽ(^。^)ノ

スポンサーリンク