ワンツーカフェの営業時間と引き取りのルールは?【セーブザアニマルズ宮古島】

こんにちは、ゆいこです。

6月15日(土)の「志村どうぶつ園」では、宮古島の保護施設への密着

今回は、ワンツーカフェ、犬猫の引き取りのルールなどについても調べました!

スポンサーリンク

ワンツーカフェの営業時間と引き取りのルールは?

(↑↑ツイッター画像の方が、団体の代表を務めている中原絵梨奈さんです!)

代表の中原絵梨奈さんは、「Miyakojima 1_2 Park」「NPO法人KATZOC宮古島事業所」、そして「セーブザアニマルズ」の代表を兼任されています。

中原さんが経営されているものに「バングス・ワンツーカフェ」があります。

犬猫と触れ合えるカフェのことです。

2018年1月にオープンしました。

カフェ店内に、保護した犬猫と触れ合えるスペースが設けられています。

ただのカフェではないのです!

来店したお客さんが、そこにいる犬や猫を気に入れば・・・

適切な飼育環境が整っていることを条件にそのまま飼い主として引き取ることができるシステムです!

実際に触れ合えるというのがいいですよね^^

事前に相性をチェックできますし。

 

バングス・ワンツーカフェの詳細

営業時間 AM10時〜PM5時まで

※4月〜10月は、AM9時〜PM6時までとなっていますよ!

所在地 沖縄県宮古島市下地来間91

TEL 080-9870-0358

ワンツーカフェで扱っている商品やメニュー

カフェではオリジナルグッズの販売も行っていて、活動資金の一部に充てられています。

主なメニューはコーヒー・ジュース500円、フライドポテト700円などなど。

店内にあるグッズには、犬猫をあしらったマグカップやボウル。

Tシャツなどのオリジナルグッズも用意され、なんと名入れまで対応!!

いろいろな形のペット用食器があります。

そちらは、1800円~です。

犬や猫だけでなく、「人間用」食器もあるとのこと^^

そちらは、1500円~。

人間用のほうが安い(笑)

名入れは、+300円となっていますよ!

愛犬・猫とお揃いで、名前も入れてみてはいかかでしょうか^^

 

他にも、350円で販売されているステッカーがあります。

こちらは、5枚で1匹のワクチン代として当てられていますよ!

一匹でも多くの命を救いたい、その思いがグッズや商品に表れています。

スポンサーリンク

ワンツーカフェで働くには?寄付はできる?


動物の数に対して、人手が足りていない様子が伺えます!

長期にわたってではなくても、観光で宮古島を訪れた際にボランティアとしてお手伝い。

スタッフとしてがっつりサポート。

どちらでも、大募集されていますね。

どのようにしたら働けるのかまでは記載が見あたらないです。

ただ、募集はされていますし、実際人手不足のようですから。

連絡先ははっきりしているので、直接問い合わせを電話でしたり現地に行ったりなど。

コンタクトを取ることは可能だと思われます!

中原さんのサポートしたい、動物たちの助けになりたいという方はぜひ、お問い合わせを!!

中原さんが活動を始めてから、殺処分されてしまう犬や猫の数は激減しました。

それでも、まだ「ゼロ」ではありません。

保護される犬や猫を引き取ってお世話する。

この活動には、かなりの資金が必要です。

里親が見つかるまで、としてもどのくらいかかるか。

もしかしたら、見つからないかもしれない・・・

それまでずっとお世話にも食事にも費用がかかりますね。

ペットフードや活動へ賛同しての寄付は、いつでも受け付けておられます!

 

振込先は・・・

宮古島に「バングス・ワンツーカフェ」。

ただのカフェではなく、犬や猫の命を救うための活動としての一部として経営されていることが分かりました。

中原さんが目指してる「殺処分ゼロ」が実現できることを願います。

スポンサーリンク