ウォルドルフ人形の帽子の作り方!簡単チューリップハット!

ゆいこ
こんにちは、ゆいこです。
今回は、チューリップハットを作ります☆

サイズを変えたり、アレンジしたりすれば、お子さんの帽子としても使えます♪

今回作ったチューリップハットは、ウォルドルフ人形のC体用です^^

下記クリックで好きな項目に移動します♪

スポンサーリンク

できあがりはこちら

今回作ったチューリップハット、表と裏で布を変えてみました。

リボンやお花など、飾りを付けても可愛いですね!

型紙作りと布の裁断

直角に交わるように、十字を書きます。

縦、上は6.5cm、下は6.3cmです。

横は、6.2cmになるようにしてください。

左右対称になるように、それぞれ3.1cmにします。

ゆいこ
この横線がある部分が、側面で一番幅の広い部分になります☆

これだけだと、カーブを描きにくいので、もう3本横線を引きます

帽子の頂点になるところから、縦2.8cm、縦線と直角かつ左右対称に交わるように、4cmの線を引きましょう。

左右それぞれ2cmですね^^

もう1本は、6.2cmの横線の3cm下に引きます。

縦線に直角かつ左右対称に交わるように、6.8cmで引きましょう!

左右それぞれ3.4cmですね。

3本目の線は、今引いた6.8cmの横線の3cm下に8.4cmの線を左右対称になるように引きます。

左右それぞれ4.2cmです。

今引いた4本の横線の両先端を緩やかに結びます。

ゆいこ
帽子の裾は、末広がりになるようにしてくださいね☆

縦線の下が、一番下の8.4cmの横線より0.3cmはみ出しています

ここを頂点にして、帽子の裾のカーブを描いてくださいね^^

これで、型紙の完成です。

型紙はこれ1枚!

ゆいこ
表も裏も、この型紙を使って用意するだけ☆

次は、布に型紙を写してカットしましょう^^

型紙には縫い代は含んでいないので、引いた線より0.6~1cm外側をカットしましょう!

表と裏、それぞれ型紙のものを6枚ずつ用意します。

表裏で同じ布を使うなら12枚用意しましょう!

これでカットができました!

スポンサーリンク

縫っていこう!

ゆいこ
さっそく、縫っていきましょう☆
表から縫っていきます!

6枚のうち2枚を中表に合わせて重ね、縫います。

直線で縫っても問題ないですが、今回使った布がほつれやすいものだったので、点線ジグザグ縫いで縫いました。

縫い方については、お任せします!

私の場合、縫い代は広めに1cmとりました。

点線ジグザグで縫うと布端が結構余ったので、縫った糸を切らないように、余分なところをあとでカットしました。

見えなくなるところではありますが、見た目がきれいに仕上がりましたよ^^

カットしたものがこちら^^

縫う部分は、型紙を写した線です。

そこをたどっていけばいいので、簡単です^^

2枚縫い合わせたら、3枚目も同じように縫い合わせます。

3枚縫い合わせられたら、残りの3枚もこれと同じように縫い合わせます。

ゆいこ
3枚ずつ縫い合わせたものが、2枚できました☆

この縫い終わった2枚を中表に重ね、縫い合わせます。

縫えたら、今縫った線から2~3mmの部分を、縫い代を押さえるように縫います。

縫い代は、6本とも同じ方向に倒してくださいね。

裏布も、表布と同じようにここまで縫います。

ゆいこ
裏布は、表布より、気持ち小さめに縫ってくださいね☆

書き写した線より、1~2mm内側を縫うようにするといいですよ^^

裏の縫い代を押さえるときも、やはり表が右なら裏も右、左なら左に倒して縫うと、表裏合わせたときにきれいに重なります!

表と裏の帽子ができました^^

この2枚の帽子を、中表に合わせ、ぐるりと縫います。

重ねるときに、先ほど縫った縦線がちょうど重なるようにしてください。

表と裏の縫い代が左右にきれいに分かれます。

ゆいこ
返し口を開けることを忘れないで☆

5cmくらい開けておけば、何とかひっくり返せました^^

ひっくり返すと、このようになります。

ここまでできたら、縫い代を押さえるように、帽子のふちをぐるりと縫いましょう!

返し口部分を縫うときは縫い代を折り込み、表裏の布がきれいに重なるようにしてくださいね。

このままでも使えますが、表と裏の布が分かれるのが気になったので、仕上げに、帽子の頂点から裾にかけて6本ステッチを入れました^^

ゆいこ
ステッチを入れると、見た目がきれい☆

裏はこのようになっています^^

これでリューリップハットの完成です!

ゆいこ
帽子を作ったのは、今回が初めて。
子どもたちが、とっても喜んでくれましたが…、1つだけだと、取り合ってけんかに!
急いでもう1つ作ります☆
スポンサーリンク