ウォルドルフ人形の服の作り方!簡単30分でできるワンピースを作ろう!

ゆいこ
こんにちは、ゆいこです。
今回は、簡単な30分でできる基本のワンピースを作ります☆

ウォルドルフ人形のC体サイズの服です♪

スポンサーリンク

今回作るお洋服はこれ!

本当にシンプルで、簡単なワンピースです^^

ゆいこ
アレンジすれば、もっと可愛いワンピースができそう☆

型紙作りと布の裁断

では、さっそく!

型紙作りから始めましょう^^

※縫い代(0.5~1cm)を含んでいます!

型紙はこれが服全体の1/4です。

この状態でB4の用紙におさまる大きさです。

輪にする部分の延長線上は直角に交わるようになっています。

脇のところと襟ぐりのカーブは、緩やかにひいてください!

斜線部分はタックです。

襟ぐりは、レースをつけて布端を処理しています。

画像では少し分かりにくいですが、襟ぐりのレースがあまり見えないくらいきつめの出来でした。

余裕を持たせるために、襟ぐりはもう少し大きめでもよかったと思います!

今回は作ったとおりの長さを記載しています。

お手元のお人形さんの出来上がりサイズにもよりますが、調整してみてくださいね^^

ゆいこ
うちには、子どもたち2人が1体ずつお人形さんを持っています。
それぞれに同じお洋服を着せても、やはり着た感じが違います。
型紙ができたら、サイズが合うかどうか確かめて☆

型紙が完成したら、布に書きうつして、切りましょう!

輪の部分を間違えないように気をつけてくださいね^^

広げるとこのような形になっています。

ゆいこ
後ろのあいている部分は、前にも書き写してカットしないように注意してくださいね☆

このくらい後ろをあけていないと、着せられません。

(ちなみに、足からはかせるといいです^^)

あきが細くて縫いにくい場合は、もう少し幅を広げてもいいと思います^^

背中がかなり見えてしまいますが^^;

この後ろのあいている部分のバイアステープ代わりのものもカットします。

測りわすれました…ごめんなさい(T_T)

点線部分で、後ろのあきの布端を挟むようになります。

挟んで、それぞれ布端は、折り込んで周りをぐるりと縫う感じです!

後ろのあき部分の布端を、ミシンでジグザグ縫いで処理するのみだと、あとあとほつれてしまいます。

めんどうでしたら、市販のバイアステープでもいいです!

もっと丁寧にしたい方は、同じ布でバイアステープを作ってみてもいいかもしれません^^

上手な処理の仕方が分からず、私はこのようにしました^^;

参考までに…

このサイズだと、あき止まり部分が少し布の幅が足らなくて、縫いにくかったです(>_<)

あき止まりの下部分の布はもう少しあるといいですよ!

この方法でつくるなら、ですが^^;

どう使うかは、これから説明していきますね^^

3タイプ(ドット・星柄・ストライプ)の生地が1つのセットに!

いろいろなお洋服を作りたい方にオススメです^^

スポンサーリンク

縫っていこう!

ゆいこ
準備ができたので、さっそく縫っていきましょう☆

一番最初に、袖口を三つ折にして縫います。

両袖が縫えたら、次は、後ろのあき部分の処理です。

本体の後ろのあき部分と先ほどのバイアステープ代わりのものを、中表にして重ねます。

あき部分の二枚の布端をきちんと合わせてくださいね^^

ゆいこ
赤の点線で示した部分を縫いましょう☆

縫えたら、縫った部分を開いてそこで折り目をつけるようにして、裏側に布を折り込みます。

裏返すとこのようになっています。

赤の点線で示しているところが、先ほど縫った部分です。

赤の直線で示した部分を内側に折り込み、縫います。

出来上がりの裏はこんな感じになります!

表はこんな感じ^^

縫った線のねじれはともかく…

これならほつれず着せ替えができそうです!

子どもが扱うものなので、端の処理を怠ると、せっかく作っても、ほつれたり裂けたりします(>_<)

どうせ作るなら、長持ちするものがいいですよね^^

私が一番最初に作った服は、とりあえず!と急いで作りました。

布端の処理は、ジグザグミシンをかけたのみ、着せ替えているうちに裂けました^^;

このようになると、時間をかけて作っても悲しい結果になってしまいますのでね…

ゆいこ
次は、襟ぐりの処理をしましょう☆

バイアステープでもいいのですが、それか、先ほどと同じ方法…

今回はレースで挟んで縫ってみました^^

布端の処理もできるし、可愛いしいいかなと!

ただレースで挟んで、ぐるりと縫っただけです^^;

レースの端部分は、ほつれてこないように折り込んで縫いました。

ちょうどレースの辺りに、スナップボタンを縫いつけます。

ゆいこ
襟ぐりの角の部分ですよ☆

ここまでできたら、次は、タックを縫います。

この作業がめんどうでしたら、省いても問題はありません^^

袖が長めで、ウエスト部分もゆとりのある服に仕上がります。

今回はタックを縫っておきました。

表から見て、襟ぐりに近いラインを山折り、袖側のラインを谷折りにします。

山折り(↓赤の点線部分)にした部分の端の方を縫います。

中表にして、半分に折ります。

脇を縫って、その後で、裾を三つ折にしてぐるりと縫います。

ゆいこ
脇は、ほつれないように、点線ジグザグ縫いで縫いましょう☆

完成です!

ゆいこ
とっても簡単で、あっという間にできてしまいます☆
お揃いの布で、髪飾りも作っています♪
お洋服に合わせて、身に付けると、とってもかわいいですよ。

レースのバラのカチュームの作り方はこちらです^^

ウォルドルフ人形の髪を可愛くアレンジ!レースのバラのカチューム!

2018年10月3日
スポンサーリンク